宇都宮市の義母の遺品の着物買取でバイセルに売った体験談

宇都宮市で一人暮らしの義母が亡くなり、妻と二人で妻の実家の遺品整理に当たりました。
箪笥や収納の中に残された遺品は自分達で整理・処分し、どうしても分別処分できないものや、大型の家具家電は業者さんに搬出・処分をお願いする事にして、作業を進めました。

宇都宮市の実家の整理・処分の中で和ダンスに残された沢山の着物をどうするかで、妻は悩んでいました。
廃棄処分するにはもったいないし、かと言って自分が着る事もなく、どうしたものか悩んでいたのです。

私はふとテレビCMでバイセルが着物買取のPRをよくしている事を思い出し、妻にバイセルで買取ってもらう事を提案しました。
妻は買い取ってもらい、それが着物が好きな方に手に渡り、着てもらえるのがベストだと、私の提案に賛同しました。

遺品整理や、色々な事で忙しいので、時間的な制約がない宅配買取してもらう方法を選択しました。
大島紬と言った少し高い着物もある事が分かっている程度で、価値がよくわからないので、とにかく宇都宮市の実家から送って査定してもらいました。

参考:宇都宮市 着物買取

何枚かの価値ある品物があったようで、予想以上の価格で着物買取してもらえました。
買取ってもらった費用は百か日法要の会食の費用の一部に当てて、有効に利用させてもらいました。
義母の供養としても良い選択だったと思っています。